明け方就寝中のこむら返りの原因は、ふくらはぎの冷えによる血流悪化! - こむら返り、予防はこうする!



明け方就寝中のこむら返りの原因は、ふくらはぎの冷えによる血流悪化!

就寝中のこむら返り(ふくらはぎがつる・痙攣する)は、痛い!怖い!不安!


加齢ともに就寝中にこむら返りを繰り返す方は多くなりますし、睡眠中に何度もこむら返りを繰り返すと、体が悪いのではないかと不安になりますね。


ところで、

就寝中でも、特に明け方におきやすい「こむら返り」は、気温の低下による体(ふくらはぎ)の冷え=血流量の低下が原因です。


ふくらはぎが冷えると血流が悪くなり、新鮮な酸素や栄養素が供給されず、また老廃物が排出されません。
 
その結果、ふくらはぎ(筋肉組織)が悲鳴(こむら返り)を上げるのです!


従って、血液の通り道であるふくらはぎを温めると、血流が良くなり足先の冷え改善にもなります。


こむら返りを起こしやすい人は、是非、ふくらはぎを適度に温める工夫をして就寝する習慣をつけるようにしてください。


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
CFD取引の税金について