ゴルフのラウンド中、帰り道の「こむら返り」の予防や対策 - こむら返り、予防はこうする!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフのラウンド中、帰り道の「こむら返り」の予防や対策

こむら返り」を起こす中高年の男性では、ゴルフのラウンド中やプレイが終わって帰り道に起こす場合も多いと聞きます。

ゴルフでは特に後半のラウンド中で疲れが溜まってきた時などが危ないでしょうね。

ここでは、ゴルフの時に「こむら返り」にならない方法をいくつかご紹介しておきます。


[予防対策]

1、ストレッチング
ズボラな人は、ゴルフ場に着くとすぐプレイの仕度にとりかかるでしょうが、その時にストレッチもお忘れなく。ここで10~15分、ふくらはぎを伸ばしておくと、「こむら返り」の発生も減るといいます。

また、ラウンド中でもふくらはぎの変調を感じたら、随時ストレッチをすると予防できるという体験談も聞いています。

2、水分とミネラル補給
特に夏場は汗をかきますので、プレイ前とプレイ中には水分・ミネラルの補給もしておきましょう。秋冬でもかまいません。ミネラルには経験者によると、バナナがよいそうです。

3、テーピングやサポーター
「こむら返り」予防のサポーターやテーピングを活用するのも予防に役立ちます。
ふくらはぎを強めに締めておくと予防できるという人もいますので、横にテーピングするのもよいかも知れません。相撲のTV中継で、力士が膝下に横方向に細いテープのようなものを巻いているのを見ますが、あれなどそのためでもあるのでしょう。

サポーターは下記で紹介するものが、かなり効果的らしいです。


4、漢方薬「芍薬甘草湯」

漢方の痛み止め薬「芍薬甘草湯」は、「こむら返り」の予防にもなります。
ゴルフのラウンド中に、頻繁に足がつる人はプレイ前に飲んでおくとよいでしょう。
(事前に医師に相談してからにするほうが無難です)


[おきてしまったら]

運悪く「こむら返り」が起きてしまったら、

1、漢方薬「芍薬甘草湯」
当ブログでも紹介している『芍薬甘草湯』はよく効くとのことです。

2、消炎鎮痛用のスプレー
スポーツ時の筋肉の炎症を止める冷却スプレーを試してみましょう。
ただ、稀に逆効果になる場合もありますので、ご自身の判断でお願いします。

3、足指を持って反らす
「こむら返り」は、ふくらはぎの筋肉が急に収縮する現象ですから、足首や足指を上方向(膝の方)へゆっくり反らせば、筋肉が元に戻ります。
上手くいけば、筋肉が緩んで痛みがなくなります。

4、一応、水分・バナナを補給
もし、水分やミネラルの不足が疑われたら、後々痛みを長引かせないため、水分やミネラルを摂っておく方がいいかもしれません。できればスポーツドリンクがいいでしょう。


以上、ゴルフと「こむら返り」の予防などについてご紹介しました。

尚、下記のサポーターを予防のためにお勧めしておきます。ゴルフだけでなく、仕事などで足が疲れる場合にも
これをつけていると楽だという方も沢山おられます。

日本製 MOMIX2(モミXモミ) 2枚組み【フジックス】
日本製 MOMIX2(モミXモミ) 2枚組み

このサポーター『MOMI×2(もみもみ2)』は、ゴルファーにも好評です。
プレイ中には着用できないかもしれませんが、前夜とゴルフの帰りに着けておくと、「こむら返り」の予防と足の疲れ解消に効果ありだということです。

価格も手頃なので、おすすめできる予防グッズです。






スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
CFD取引の税金について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。