漢方薬でこむら返りを予防 - こむら返り、予防はこうする!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬でこむら返りを予防

こむら返り」は、はるか昔から漢方の世界でも扱われてきた病気(症状)で、『転筋(てんきん)』などと言われてきました。

従って、漢方薬にも処方薬があります。


それは、『芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)』といいます。これは「こむら返り」専用の漢方薬というわけではなく、いわば漢方の痛み止め薬です。ですから、寝違えなど他の体の痛みの症状にも効果があります。


また、鍼灸でも「こむら返り」の治療があります。

あまり見聞きしないかもしれませんが、灸頭鍼(きゅうとうしん)といって、鍼を刺してその頭にもぐさを乗せ、
鍼の刺激と温熱効果を同時に狙う方法です。

これについては詳細は割愛させていただきます。


kanzo-to.gif

●こむら返りの予防、痛み止め漢方薬

芍薬甘草湯

急な筋肉のけいれんによる痛みに
「芍薬甘草湯」は、漢方の古典である中国の医書「傷寒論(ショウカンロン)」に収載
され、別名「去杖湯(キョジョウトウ)」ともいわれていますが、その名の通り、筋肉や
四肢のけいれん、疼痛に用いられている薬方です。
急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛に効果があります。

[成分]
成人1日分3包(1包1.5g)中
芍薬甘草湯エキス粉末 1,350mg
シャクヤク・カンゾウ各3gより抽出。

[効能]
急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛


⇒楽天市場の「クラシエ芍薬甘草湯エキス顆粒12包」はこちら


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
CFD取引の税金について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。