こむら返りとは、病気? - こむら返り、予防はこうする!



こむら返りとは、病気?

こむら返りで悩む人に、予防や対策の情報を提供するサイトです。


まず、足がつる「こむら返り」とは、どんな状態なのか(病気なのか)を簡単に説明しましょう。


足のこむら返りが起こるのは、<ふくらはぎ>の部分で、これは下腿三頭筋という筋群です。 腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋という2つの筋肉から構成され、ヒラメ筋は文字通り平べったい筋肉で、その上に腓腹筋という表面からは縦に2つに割れたような筋肉が重なっています。

こむら返りは別名『腓腹筋痙攣』と言われることから、主に腓腹筋がつれて痛むのでしょう。

解剖学的には、腓腹筋は膝裏近くでは2つに別れ(医学的には2頭という)、大腿骨(ふとももの骨)の内側と外側に潜り込むように付着します。一方ヒラメ筋はその下層にあり、膝の外側のポチッと出っ張った骨の突起(腓骨頭という)と脛骨(すねの骨)の裏面に付着しています。
この腓腹筋とヒラメ筋の2つは下へ行くと合体してアキレス腱となり、踵骨(かかとの後ろ)に付きます。ふくらはぎの筋肉の作用は、足首を伸ばす(底屈)ことです。足首を曲げる(指先を上げる)のは、すねの部分の筋肉の作用です。


一般の人が<ふくらはぎ>の解剖学的構造を知る必要などないとお思いかもしれませんが、自分で指圧やマッサージで対処しようとする場合、筋肉の正確な走行を知っていると役立つでしょう。特に骨への付着部分を刺激すると、筋肉全体の緊張が緩むこともありますから。


こむら返りは、これらふくらはぎの筋肉が何らかの原因(複数の要因かも)で、急に強く収縮し、元に戻らない状態のことです。本人の意志に反するので、強い痛みが伴うことが多いのが普通です。


こむらがえりはどの年代でも起こるようですが、統計的には中年以降(40代~)に多い感じです。80歳以上の高齢者でも起こっています。


発生する時間帯も、昼間と夜間を問いません。特に問題となる夜間就寝中のこむら返りですが、数パーセントの人はほとんど毎晩起こるという悲惨な状況にあり、それが原因で睡眠障害に陥ることもあると言われています。

痙攣が治まった後も、痛みや不快感が長時間残る場合も少なくありません。

先日も、知り合いで70歳くらいの男性が就寝中に急にこむら返りを起こし、3日経ってもまだふくらはぎが痛いと言っていました。


どうやら、高齢になるほど痛みが尾を引くようですね。


>>> 累計販売数30万足以上!人気のふくらはぎ専用ウォーマー







スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
CFD取引の税金について